Mitsukuri写真倶楽部

Mitsukuri 伊賀の石仏をめぐる冒険

経ヶ峰上出登山道の枇杷ヶ谷地蔵

三重県津市安濃町草生




かつては「安濃嶽」と呼ばれた経ヶ峰
山頂に経塚が築かれ聖なる山とされてきた
安濃からも芸濃からも美里からも
頂上に向かう登山ルートがある

草生地区からの山出ルート
県道脇の駐車場から700mほど登山道を歩くと
コンクリート製の小さな礼堂があり
高さ2m1.5mほどの自然石に小さな地蔵さんが彫られている
枇杷ヶ谷地蔵と呼ばる地蔵さんだ
   
 

枇杷ヶ谷地蔵の由来(現地案内板から)
枇杷ヶ谷の地蔵尊は霊験あらたかで麓の部落の信仰厚く、消災、除病、修学など諸願成就を願う峰山の守護佛として参詣する人が多かったと言い伝えられています。この地蔵尊は八世紀ごろ平安時代の後期に弘法大師が各地を巡錫の折、この地にも来られ、この岩に刻まれたと言われています。
 この奥十町ほどの押場なる地に弘通せられし真言宗の古刹端谷山竜泉寺の跡があり、その東の山に在った長峰山安養寺と共に十三世紀室町時代には七堂伽藍が建ちならび寺院の勢いは近隣を風靡していたといわれています。
 十五世紀戦国時代に入り、織田信長が北伊勢侵攻のとき弟信包によって、これら寺院は跡形もなく焼きつくされたと郷土史に記されています。
 それ故か、付近の山を踏査しますとチャンチャン淵、墓の谷、梻地蔵、長峰山に祠の石佛階段跡など遺物をみることが出来て往時が偲ばれます。
 この由緒ある地蔵尊をいつの頃からかお守りを山出、岩城の両区がするようになりました。そして昭和六十一年には風水害によって壊れたお堂を両区が浄財を募って礼拝堂を建て、信仰のための聖地として保存することにしました。この地蔵尊の由来板の掲示も、あれから二十年の歳月で傷み、新しく作りなおしました。この枇杷ヶ谷地蔵の由来を信じ、佛を崇める心の縁にして大事に保持してまいりたいと念じています。人々に幸多からんことを。
平成十七年五月吉日
山出区
岩城区
 







行きかた 

冒険の記録 ;伊賀市と名張市

番外編;伊賀地方を除く三重県

番外編;奈良県

番外編;滋賀県

  
年代順索引

 石仏をめぐる冒険のいろいろ

 
 
 

What's New

 






 
 
 
 
 

 mitsukuri 写真倶楽部
トップページ

 
blog 冒険の旅の記録