Mitsukuri写真倶楽部

Mitsukuri 伊賀の石仏をめぐる冒険

高座原登山道の地蔵磨崖仏

三重県津市美里町高座原




体調がすぐれず
山道に入ることを躊躇っていたのだが
それそろ季節も良くなって来て
これならニョロスと出会うこともあるまいと
ひとつ気合を入れて出かけることにした

高座原の山神からさらに登山道をすすむ
道の左右の植林された山林の中には
低い石垣が残っていて
どうやら集落があった場所のようだ
山神の辺りも
今は集落から離れた山中だが昔は寺子屋があったという
   
 

道の左手に見慣れないすがたの磨崖仏が見える
真円の彫り窪みの中に地蔵さんの坐像
左手に宝珠 右手は振り錫杖のようにみえる
 


この丸い彫り窪みは何なのだろう
松阪市嬉野川北町の墓地に寛永十五年銘の地蔵さんがみえるが
板碑型石材に浮き彫りされた地蔵さんの上部に丸い円窓がくり抜かれている
その円窓は日輪を表しているといわれているが
この地蔵さんも日輪を背負っているのだろうか



このあたりは清らかな空気が満ちている
経ヶ峰はやはり神の山なのだとおもう



   

行きかた 

冒険の記録 ;伊賀市と名張市

番外編;伊賀地方を除く三重県

番外編;奈良県

番外編;滋賀県

  
年代順索引

 石仏をめぐる冒険のいろいろ

 
 
 

What's New

 






 
 
 
 
 

 mitsukuri 写真倶楽部
トップページ

 
blog 冒険の旅の記録