Mitsukuri写真倶楽部

伊賀の石仏をめぐる冒険

 

桐之谷地蔵坐像磨崖仏

三重県伊賀市寺田
南北朝時代
伊賀市指定文化財


桐之谷地蔵の発見

『寺田の石造地蔵菩薩坐像群』が三重県の有形文化財(彫刻)に指定された これは「桐之木谷地蔵坐像磨崖仏」の発見にともなう伊賀市有形文化財への指定(2016)がそのきっかけになっている
大岡寺の旧境内地にもう一基の寺田型地蔵が埋もれているという話を耳にすることはあったが ようやくその所在が明らかになった


桐之谷地蔵への訪問

さっそくその桐之谷地蔵さんに会いにいくことにした
しかしその所在に関する情報はまだ少ない 「広報いが市」の記事に「大光寺現本堂の西方、やや南に下った谷あいに」とあるのが唯一の手掛りだ
とりあえず毘沙門寺から岡山の山道を大光寺をめざすことにした
途中で行者堂の役行者さんや北向地蔵さんにもご挨拶をしながら ようやく大光寺の境内に入ると たくさんの獣の足跡に驚かされる 境内に落ちた銀杏の実を食べに来ているようだ
本堂の外から御本尊さんにご挨拶してから 境内をくまなく歩いてみたが 桐之谷地蔵さんの居処のヒントは見つからない 仕方なく境内を抜けて岡山山頂へと続く道を先に進むと 実にあっけなく路傍の看板を発見した



谷に下る斜面を背にして「桐之木谷地蔵坐像磨崖仏」の看板が立てられている しかし木立が展望を遮っていて斜面を降りた先の様子はわからない そこそこ急な斜面だ 
最小限の機材だけを持って斜面を降りて行く 木立の幹につかまりながらそろりそろりと降りていくと ほどなく谷に下りることができた
大光寺の前身 大岡寺の堂宇のあった場所だろう そこには沼が広がっている 古の園地であろうか 
水辺まで下りていき 狭い畔を少し歩くと ようやく地蔵さんの姿を見つけた
斜面に半ば埋もれた2mばかりの大きな岩 下部はまだ土中に埋まったままだ その正面に 上部隅切りの龕部を彫り窪め 頭光と身光の二重光背を背にして 八角の四重蓮華座上に半肉彫の地蔵さんが座っている 他の2基北向地蔵」や「坂之東地蔵堂の地蔵石仏に比べると かなり簡略化された表現だが 土中にあったためかよく残っている


岡山

帰路 参道を下りながら「岡山」という場所が持っている意味についてとりとめのない考えを巡らせていた 大山田辺りの小字名を眺めていると 「墓ノ谷」や「地獄谷」など中世以前の葬地であったと思える字名がちらほら見受けられる 他にも「アコ」という小字があるが 古代の葬地を「阿古谷あこや」と呼ぶことがあったことから それが転じた字名のように思える 「岡山」は北に隣接する「南宮山」とともに古代からの霊山だったのだろうと思うが これももとは「あこややま」または「あこやま」と呼んだ可能性がある そのような理由から 浄土信仰と結びつきやすい場所だったのではないだろうか

 


  

行きかた

名阪国道中瀬インターを降り、国道163号線、伊賀街道を東に約1km進むと「岡山口」バス停がある。ここからから北に折れて400mほどを歩くと小高い山を背にした毘沙門寺に着く。岡山遊園地案内図という大きな案内板が出ているので、そこから山道に入る。
毘沙門寺の門前には車を数台駐車するスペースがあるのでお願いすれば駐車させてもらえるだろうとおもう
岡山の山頂近くには大光寺というお寺があり、そこへの参道を歩きながら岡山を周遊することができる。案内板から10分ほど歩くと参道の右手に北向地蔵が見えてくる。さらに山頂を目指して10分ほど歩くと大光寺の本堂にたどり着く。
大光寺の境内からは本堂の左手に進む。霊場巡りの三十三観音をたどりながら岡山山上遊園に向かって進むと、ほんのしばらくで、右手の杉木立ちに看板が見える。
そこからは参道から外れて山の斜面を下ることになる。靴や衣服などに適当な準備が必要だ。
 

 地域別索引

伊賀市と名張市

 その他の三重県内

 奈良県

 滋賀県


年代順索引

  

 石仏をめぐる冒険のいろいろ



What's New

2018.5.19
下多気 文明18年銘 六地蔵石幢を更新しました 
2018.5.22
伊勢路 善福寺地蔵石仏 を更新しました
2018.5.26
下川原 勧進橋架設記念碑 を更新しました
2018.5.26
勝福寺の五智如来石仏 を更新しました
2018.6.26
里墓地の一石六地蔵を更新しました
2018.8.18
西念寺の六地蔵石幢を更新しました
2018.8.19
広芝橋北詰地蔵阿弥陀立像磨崖仏を更新しました
2018.8.25
安楽寺墓地の阿弥陀石仏を更新しました
2018.9.8
大世古墓地の慶安五年銘六地蔵石幢を更新しました
2018.9.16
八知老ケ野の三面地蔵を更新しました
2018.9.16
八知小田願音寺の多面地蔵を更新しました
2018.9.17
内保西音寺の笠塔婆を更新しました
2018.9.17
佛土寺の石造多宝塔と一石七地蔵石仏を更新しました

リンク

ブログ『冒険の旅の記録』