Mitsukuri写真倶楽部

伊賀の石仏をめぐる冒険

 

佛土寺の石造多宝塔と一石七地蔵石仏

三重県伊賀市東高倉


  


東高倉の佛土寺
本尊の阿弥陀如来坐像は承安2年(1172年)の胎内銘があり
平安時代創建の古刹である

佛土寺の石造多宝塔

本堂の前庭には大きな石造多宝塔が2基並んでいる
東塔は5.7m 西塔は4.62m
無銘だが鎌倉時代後期の造立とされる
享保と明治の時期に補修を受けて組み直されているが 
その際により大きくみせようと余分に補填された石材で
鎌倉時代の美観を損ねているのだが
本来ならば「日本でも五指に数えられる珍しく立派な石塔」と
太田古朴氏は「三重県石造美術」で書いている

無縁墓の一石七地蔵 

無縁墓の最前列に珍しい意匠の一石六地蔵が立っている
舟形の花崗岩の下部に方形の枠を彫り窪めて中に六体の地蔵さんが半肉彫りされ
その上部にもさらに一体の地蔵さん
摩耗しているが錫杖を持つ定形の地蔵さんのようだ






 参考文献 三重県石造美術 太田古朴

行きかた

お寺には駐車場があります

地域別索引

伊賀市と名張市

 その他の三重県内

 奈良県

 滋賀県

 

特集;六地蔵石幢

  

 石仏をめぐる冒険に
でかけよう

 


わたしのこと

Mitsukuri 三重県松阪市在住
全日本写真連盟会員 日本石仏協会会員
伊賀を歩いて石仏の写真を撮っています
休日限定の自称石仏冒険家からフルタイム専業の自称石仏冒険家へと脱皮しました
「どう行けばよいの?」「車を停める場所は?」など 質問やご意見などお気軽にご連絡ください

連絡先

ブログを開設していますので そちらのコメント欄にコメントしていただくと確実に連絡がつきます
ブログ『三重の石仏散歩』  こちら

 
 

What's New

2019.3.12
爪かけ地蔵を更新しました
2019.3.13
欣浄寺の六地蔵石幢を更新しました
2019.3.21
不動院の石仏を更新しました
2019.3.24
薬師堂の地蔵石仏を更新しました