Mitsukuri写真倶楽部

伊賀の石仏をめぐる冒険

 

里墓地の一石六地蔵石仏

三重県名張市蔵持町里
江戸時代 


蔵持町里 

川が流れていく
おかしな名前だが正式な名前だそうだ
名張市内を流れて名張川の本流に流れ込んでいる
里の在所はそのシャックリ川の右岸に広がっている
在所の北側には河岸段丘が迫っていて
その台地の上を団地の家並みが埋め尽くしている

在所の中で初瀬街道と名張街道が交わっていて
初瀬街道を選んでゆるい坂道を登っていき
途中を溜池に向かって伸びる小道に入ると里の墓地だ



里墓地の一石六地蔵 

墓地の入り口に一石六地蔵が立つ
長方形の彫り窪めの中に六体の地蔵さんが並んでいる
左の三体は合掌 右の三体は持物を持っている



下小波田墓地の一石六体地蔵との類似が指摘されるが
どうだろうか



行きかた 

付近に駐車スペースはありませんので 離れた場所で駐車できる場所を確保した上で歩く必要があります